神奈川県の薬剤師求人について知ろう

神奈川県は人口が900万人以上を誇る大きな県で、横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、鎌倉市など大きな都市があり東京に働く人たちのベッドタウンとして機能しています。
かながわの薬剤師の在籍数は2万人弱と多く、都道府県のランキングでは全国第3位を誇ります。
人口10万人あたりの薬局従事者数も2010年データでは134.8人で全国2位であり、首都圏だけあって薬剤師数は多いことがみてとれますね。
薬剤師数が多く、薬局の薬剤師数が満たされていると聞くと、薬剤師求人も厳しい状況と思われるかもしれません。
ですが、神奈川県には調剤薬局だけでなく病院数も多いですし、各駅前や住宅地にはチェーンのドラッグストア、そして薬剤メーカーや医療機器メーカー、健康食品メーカー、化粧品メーカー、治験事業団体など企業系の求人も豊富です。
また、都心の高齢者のニーズに応える高級老人ホームをはじめとする高齢者施設も急ピッチで増えており、こうした介護施設での薬剤師求人も狙い目です。