1000万都市の看護師求人

1000万人都市東京では、当然のことながら薬剤師求人件数は日本で一番多くあります。
某求人サイトでは2013年2月現在の求人件数が3300件とダントツの求人件数になっています。
これだけの求人件数があれば、就職・転職先を探すのもそう難しいことではないでしょう。
実際、東京では薬剤師の転職は珍しいことではありません。
売り手市場ですから、より条件の良いところへ転職するのは難しいことではないのです。
ところで、現在東京の薬剤師在籍数は44,356人となっており、この数はもちろん日本一です。
年代別に見ても、各年代すべてで一位になっており、層の厚さを感じさせられますね。
東京での薬剤師という仕事というのは、調剤薬局などを中心に土日が休みで残業もなしというところが多いようです。
そのため、求人案内でもアフターが充実などと宣伝しているのが目立ちますね。
これが看護師であれば患者さんの処置が終わるまで残業も当たり前ですし、入院病棟の場合は、土日も祝日も関係がありません。
また、待遇面でも薬剤師は看護師より多い場合が少なくありません。
薬剤師は非常に恵まれた仕事の1つであることは間違いないでしょう。
ただ、薬剤師の数はだんだんと飽和状態になりつつあるという指摘もあります。
今はまで3000件以上の求人件数が来ている東京でも、これから先も同じような状況が続とは限りませんので、いま良い職場を見つけて、長く努めるというのが得策ですね。